ブルンパーゴ

画像


夏の間芳しくなかったのに、
今頃になって凛と咲き始めた。


時々覗くブログに、「毎日だらだらこんなこと書いてもね~」とあるけど、
だらだらでも(決してそんなことはないけど)毎日書けるっていいなあと思う。
よーし自分も‥と思うけど、書いている内に面倒になってしまう。

面倒‥は適切じゃないな、
何て書こう‥
こういう調子で、時間ばっかりかかって、最後は眠くなってupを諦める。

今日は構えずに書いてみよう。
構えず‥うん、これはぴったりだ。
毎日、ちょっとややこしいことばかり考えていて、
普通の(福祉以外のという意味)生活、仕事をしている人には、
あんまり興味がないかも‥と思ってしまうのが、upできない理由。

とりあえず記録という意味で。
説明不足のところがあるかもしれないけど。


3日前の夜の9時過ぎ、自宅に利用者さんから電話がかかってきた。
「今日ね、○○さんがね、」
と言って、ある職員の言動に「頭に来た」と。
電話を切ったあと、やったー!と思った。

昨日、
「リストカットする時、薬を飲む時、本当は死にたくないの」
「薬を飲む時、1か月分飲んだって1年分飲んだって絶対死なないと思っているの」

「死にたくない、薬を飲んだって死なない、そう思っているのに、
薬を飲みたくなるのね?それはどうしてかなあ?」と聞くと、
「心配して欲しかった」

やっと、その言葉を、その子自身の口から発せさせることができた、
安心しきってしまうわけにはいかないけれど、
これはかなりの進展だと嬉しくなった。


その子は今短期入所を利用しているのだけど、その前は遠くの県に住んでいて、
ことあるごとに、「死にたい」と電話をかけてきた。
実際に薬を飲んで危篤状態に陥ったときもあり、
いろいろ紆余曲折があり、今に至っているのだけれど、
うちに来るきっかけとなった「包丁事件」について聞いたことがある。

「包丁を買ったとき、どんな気持ちになった?」

「ほっとした」

分かると思った。

包丁を買ったのは、「死にたい」と思う気持ち。
それ以上に強い、「生きたい」「死にたくない」と願う気持ち。

死ぬしかない、それしか自分を楽にさせる道はない、
でも、心の底から湧き上がってくる、
「生きたい」という気持ち、「助けて」という気持ち。
受け取ってもらえないかもしれない、
いや、受け取ってもらえる、受け取って欲しい、
その最後の賭けを、「包丁を買った」という言葉に込めた。

包丁があるから込められた。
これ以上傷ついたって構わない、だって包丁がある、いつだって死ねる。
死ぬ怖さに比べたら、傷つくことなんて。
今分ることだけど、あのとき、あの子は、一歩飛翔していたのだ。
その飛翔の高さに、運良く乗っかることができたのだ。


もっと最短の道があったのかもしれないと思う。
私を含めた回りの者が、もっと的確な対応ができていたらと。
反対に、今までのすべては、その子にとって、私達にとって、
必要なことだったのかもしれないとも思う。

好きな言葉、信じたい言葉。
屈めば屈むほど高く飛べる。


ああ、また、中途半端になってしまった。
続きはまたいつか。


画像がとりこめなくて。

画像


仕方なく、以前ベランダから撮った写真を。
切実に、新しいパソコンが欲しくなっています。


昨日同僚と、同じ職場の人の話になった。
近頃笑顔がないねと。
いろいろな話を漏れ聞いているので、無理もないかなとは思うけれど、
誰でも仏頂面をしている人より、笑っている人の方が好き。
利用者さんにとっては特にそうで、
だから、この仕事をしている限りは、
少なくとも仕事の場では笑っていて欲しいねと。

笑顔は作るものでもあると思う。
どんなに辛いときでも、とりあえず笑ってみる。
そしたら、それに心が引きずられていく。

これは若い頃から思っていたことだけど、
昔、友人から、「私の心はそんなにいい加減じゃない」と言われて以来、
自分の思いに対して常に、
これは正しいのかな、間違っているのかなと考えるようになった。

たとえいい加減だとしても、自分が"感じる"ことに、
正しいとか間違ってるとかはない、
そう思えるようになってから、とても楽になった。


先日、このブログを見てびっくりしたこと。
写真、大きいサイズになるのですね。
アップしているのは、少々ピンボケでも、
このサイズだったら気にならないだろうというものばかり。
どうかクリックしないでください‥。

ノボタン・リトルエンジェル

画像


3号ポットに入っていた苗が、
わずか2年でこんなに大きくなりました。

咲き始めは中心が白、縁が紫色、
次第に全体が濃いピンクになっていきます。
咲き始めが一番好きです。

ねむの木

画像


一才ねむの木というのでしょうか?
赤のねむの木とは、花の形も葉っぱの大きさも違います。

写真は昼間の様子ですが、
時間が過ぎるにつれ、花がまん丸になり、
夜になると、まるでぼんぼりが灯っているようで、
それはそれは幻想的です。


指の先にバラのとげが刺さり、ぴゅっと引き抜いた後、
無性に痒くなりました。
職場の看護師に話すと、
多分雑菌が入ったのだろうと治療をしてくれました。

よく園芸書に、「新しく清潔な土に」などと書いてあるけれど、
古い土はやっぱり不潔なんだあ‥。

なのに、性懲りもなく素手で土いじりを続けて、
今では、硬くなったかさぶた状のものがひび割れて、
サメ肌ならぬワニ肌です。


カリオプテリス

画像


画像


ダンギクの仲間だそう。
こちらの方が繊細で、風が吹くとふわふわ揺れる。


朝晩涼しくなって、今は2度目のガーデニングシーズン。
夏の間ぐったりしていた草花が、みんないきいきしてきて、
みるみるうちに体積が増えるという感じ。

今日は、グラハムトーマスのつぼみ、5つ見つけた。

小さなぜいたく

画像


しゅうめいぎくとサフィニアとクリーム色のこえび草

庭に咲いている花を切り取って生ける、
上には「小さな」なんて書きましたが、
本当は一番の贅沢だなって感じます。

もう1枚
元気色のゴールデンピラミッド

画像


どういう加減か、突然PCのご機嫌が直って、
画像を貼り付けられるようになりました。
0

どこもかしこも

ほったらかしでごめんなさい。
PCの不調で、本元のHPは作成プログラムを開けず、
ここには写真をupできず‥。
PC、風前のともし火状態です。


制度(障害者自立支援法)改正による数々の書類作成が一段落ついたので、今日は何ヶ月ぶりかに有給をとり、表庭の改造をしました。

17、8坪のカーポートから、2台分の駐車スペースを切り取った残り、アプローチ部分が2.5m×6mくらい、そこから左に折れ曲がって3m×9mくらい。
重い鉢をあっちへこっちへ、いつもなら捨てれない、枯れたかも?と思う植物を思い切って処分‥。
今までは単なるコンテナ置き場と言った感じでしたが、今回は"庭"らしくまとめることができ、夕方訪れた園芸仲間から、「何だか広くなったみたい。沢山植物があるのにすっきりしている」とお褒め言葉。

それから暗くなるまで、久しぶりにビールグラス片手に"まったり"過ごしました。

雨続き

せっかくバラが、秋の二番花が咲き始めたのに‥。

昔は、季節がもっと単純だった。
春、夏、秋、冬。
くっきりと区切られていた。

植物と時を同じにするようになると、
冷たい風に混じる温度を感じ、
相も変わらず照りつける日差しの中の衰えを感じ、
毎日確実に変わり続ける夜と昼の長さを感じ。


ふーっ、やれやれ‥
夏の暑さを耐えていた草花たちが、
一斉に深呼吸し始めた。

耐えていたのか、流されていたのか、
私の夏は、曖昧な色に塗りつぶされたまま、
気がつけば、もう遠くに。
0

釘づけ

おおよそ3時間45分、テレビに釘付けだった。

あるニュース解説者が、
「引き分けとなってほっとした。一番いい結果だと思った」
と言っていたけれど、本当にそのとおりだと感じた。

しかし、こんなにピッチャーの投球を見つめた試合はなかった。
真っ直ぐか、落とすか、ボール玉か‥。
今までは、バッターしか見ていなかったことが良く分かった。

15回引き分けで再試合とは知らなかった。
でも、明日、また引き分けならどうなるのだろう?
再々試合?

そのときは、両校に優勝旗をあげたいな。




ゲンペイシモツケ

画像


朝陽を浴びてちかちか光る。
まるで、小さなダイヤとルビーのよう。



2~3週間に1度、園芸仲間とナーセリー巡りをしている。
選んで行っているわけではないのに、
どこも、家族だけ、あるいはたった一人で切り盛りしているところで、
さらに不思議なのは、どの人もみな、静かで自然で、温かくて、ピュアなこと。

本当に花を愛し「育てている」人は、
みな似てくるのかなあ。


マートル

画像


2年目にやっと咲き、あっという間に散ってしまいました。
とても良い香りでしたけど、
どんな香りか覚え切れないうちに、散ってしまいました。

アストランティア

画像


徳島への出張の帰り、道の駅で見つけた。
少し暗い店内、華やかな色の花苗が並ぶ中、
ぱっと目に飛び込んできた。

花径は2センチ足らず、色もひっそりしている、
でも、多分、大好きなバラよりも大切にしたいと思える、
そんな花に出会ったのは初めて。

バイカウツギ

画像


昔、言われたことがある。
(ため息まじりに)
「君って‥」
「写真下手だね‥」

パイカウツギ、もっともっとふくよかな白です。
バラの「白」が、傷つきやすい貴婦人の肌だとすると、
バイカウツギは、生まれたての赤ちゃんの弾力のある肌。
それを写し取れないのが悔しい。

つゆくさ

画像


もう梅雨?と思うくらい、雨が続いている。

表庭には”特等席”があって、見頃を迎えた花を飾ることにしている。
長い間そこには、黒いポットに植えた白の小花ランタナがあったけれど、
姿が乱れてきたのでざっくり切り戻し、一週間前からバイカウツギと交代。

次はスミダノハナビ‥と思っていたら、
昨日までは、固く、緑色をしていたつぼみが、
もう外側からほころび始めている。

えー、もう?!と、昨年の「ひとりごと」を確かめてみたら、
6月2日に満開を迎えている。
バイカウツギには長く咲いていてもらいたいし、
スミダ‥も一番目立つ場所において眺めたいし‥。

グラハム・トーマス

画像


夕闇は徐々に深くなっていくけれど、
夜明けは突然やってくる。

にわかに鳴き出すすずめの声を聞いて、
”朝、都会は森になる”
というフレーズを思いついた。


今朝は、風がまったくなかった。
バラたちが、凛として空に浮かんでる。
‥と、微かな気配に目を上げると、
茂みの奥、幾枚かの花びらがハラハラと散っていく。

つぼみが膨らみ、咲き誇り、色褪せ、散り落ちる、
その一瞬一瞬を見届けることができるのは、
最高の贅沢だと思う。

ダッチェス・オブ・エジンバラ

画像


これでもクレマチス。
直径は7~8センチ。

裏庭の大改造をするつもりが、
雑草取りと園芸用品の整理に追われた2日間だった。

「せいが出ますね」「お手入れ大変ですね」
観光客らしき人たちが、2~3人、4~5人と
連れ立って通り過ぎていく。
道行く車はすべて県外ナンバー。


たつなみそう

画像


とても可憐な花なのに、ふっくら柔らかい。
去年、園芸仲間から小さな鉢を1つ貰っただけ、
しかもまったく咲かなかったのに、
今年はあちこちから芽が出て、
どういうわけか色違い(藤色)まで。

一つ一つの花期は短いけど、
あちらこちらで、時間差で咲いてくれる。


明日からの休みを思うと、わくわくする。
この5日間で、裏庭の大改造をする予定。




チェリーセージ

画像


赤い花は好きじゃないけど、
量が多くないなら、そして花が小ぶりなら、
アクセントにいいかなと思う。


土日と仕事、今日は出張、
明日は天気も良さそうだし、休みを取ろうと思っている。
一心不乱に花の手入れをし、
合間にゆったりコーヒーを飲み、
それが私のカンフル剤。


ブルーベリー

画像


鈴なり。
今年はジャムをたくさん作れそう‥。


出張の帰り、国道沿いのホームセンター、道の駅、ことごとく寄ってみる。
面白いもので、チェーン店なのに値段が微妙に違ったり、
毎年そこでしか手に入れられないものがあったりする。

今日は、クリーム色のペロペネ180円、アレナリア・モンタナ98円、
グロリオサの球根6個で200円をゲットした。